ウォーキングダイエット > ウォーキングダイエットで気を付けること

ウォーキングダイエットで気を付けること

ウォーキングダイエットに限らず何かしらのダイエットをしている場合、最初は順調に減っていった体重も途中からぱったり減らなくなる時期があります。それが「停滞期」です。

停滞期と言うのは体内が一定量の脂肪を維持しようとすることから起こる現象で、この時期は何をやっても体重が落ちていかないようなのです。

これをダイエット方法が合わないからと途中で挫折してしまう人もいるようです。

しかし体重が減らなくなったからといってやけぐいしたり、ダイエットを止めてしまったりしては今までやってきた努力も無駄になってしまいます。

継続することはとても大切です。

焦らず気長な気持ちをもって頑張って行きましょう。

停滞期を気持ちよく過ごすためにはダイエット自体を気持ちよく楽しくする方法を見つけるのがいいと思います。

音楽を聞きながら歩いたり、万歩計をつけて楽しむようにしたり、一日の成果をグラフにつけて成果の過程を目で見て楽しむようにしたりとさまざまな方法があります。

自分の励みになるし、体重が落ちることだけにこだわらなくなるのでぜひ自分なりの楽しみ方を見つけてみてはいかがでしょうか。

また、今ではインターネットで体重や体脂肪を管理してくれるようなソフトを無料でダウンロードできるみたいなので、そういったものを利用してみるのもいいのではないかと思います。

ウォーキングを楽しくすることにより、外見的にもダイエットができるし、健康維持もできるようになりますよ。