ウォーキングダイエット > ウォーキングという有酸素運動の仕組み

ウォーキングという有酸素運動の仕組み

ウォーキングという行為は有酸素運動です。

この有酸素運動の仕組みをしることによってウォーキングダイエットの取り組み方が一味も二味も変わってくるものだと思います。

そして、やる気もぐんと出るようになり、ダイエット効果も倍増になるかもしれませんよ。

まず有酸素運動と言うのは呼吸をすることで体の中にある糖質や脂肪をエネルギーに変えてくれる酸素を取り込むということです。

簡単に言うと呼吸をして脂肪を燃焼させるということになるのです。

これだけ聞くとわざわざウォーキングなんかしなくても24時間いつでも呼吸しているのだからやらなくてもいいじゃないの。と思ってしまうかもしれませんが、普段の呼吸では体内に取り入れられる酸素の量が少ないのです。

取り入れる酸素の量が少ないと言うことはその分呼吸が浅いということなのです。

しかし、ウォーキングは自然に深い呼吸をすることができるし、そのおかげで酸素を体内に継続的に取り込むことができ、脂肪を燃焼させることができるということになるのです。

人が生きていく上で必要なエネルギーというのは大きく分けて、糖分を分解する場合、脂肪を分解する場合の二つの過程で作られているのです。

特に脂肪を分解するときにはより多くのエネルギーが作られているようです。

この二つの過程は有酸素運動でできます。

有酸素運動をすることによりエネルギーが作られていくようになるということになるのです。